VPN無料接続サービスおすすめ10社の危険性はデマ?完全検証

無料vpn おすすめ 比較

安全に使用できる無料VPNサービスは本当にないのか?

結論からお伝えすると、セキュリティとプライバシー保護の安全性が第三者機関の独立監査によって証明されていて、有料VPNと同レベルの通信速度でNetflixなども快適に視聴できる無料VPNサービスは2社ありました!

しかし、「無料VPN おすすめ」で検索結果に表示される情報サイトはどれも自分の利益しか考えてない疑わしいサイトばっかり。明らかに実際に使って検証もせず、危険性が高いから有料VPNを契約すべき!という適当なデマ内容。

酷いサイトの場合、実は自社で有料VPNサービスを販売していてあたかもブロガーになりすまして偏った情報をブログに投稿することで自社のVPNサービスに誘導しているサイトもあります。(mixh●●●とか)

確かに、有料サービスと比較すると無料VPNサービスはちゃんと選ばないと危険性を伴ないます。しかし、本当に安全に使える無料VPNサービスはありますし、ユーザーさんの利用用途がマッチすれば有料VPNでなくても無料で事足りるケースもあります。

この記事を読めば、ボクが実際に検索数が多い無料VPNサービス10社を使って比較検証した結果、発見した本当に安全で無料とは思えない有料VPNレベルの便利なVPNサービス会社を知ることができます。

長いけど最後まで読んでいってくださいね(*’▽’)

この記事を読んで解決できるお悩み

①自分の目的用途は無料のVPN接続サービスで事足りるのか

②有料サービス並みに安全で無料のVPNサービス会社はどこなのか

③快適にNetflixを視聴できる通信容量と通信速度を持つ無料のVPNサービス会社はどこなのか

④有料VPNと無料VPNの違いとどんな人にどっちがおすすめなのか

⑤無料VPNの危険性をよく目にするけど本当なのか

無料のVPNサービスは本当に危険?正しい選び方とは

無料or有料のVPNサービスに関係なく、VPNサービス会社を選ぶ際に絶対に注意するべき選定基準がいくつかあります。

まず、セキュリティとプライバシー保護です。特にユーザーから収集した個人情報データの取り扱いに関する規約を記した『プライバシーポリシーの内容』『運営会社の運営拠点(登記国)』が重要です。

無料VPNサービスについて解説する多くのWEBサイトは『ノーログだから安全!』という誤情報を提供しています。

ノーログポリシーとは、ユーザーから収集した個人情報データを記録保管しない利用規約のことです。もちろん、ノーログは必須条件ですが本当にノーログポリシーを実践しているVPNサービスの運営会社は少ないということを知っていますか?

実は、ほとんどの国の法律では一定期間はデータを保管することが義務化されています。そのため、ユーザーのログ(個人情報の履歴)を本当に保管しない安全な無料VPNサービスの運営会社はデータ保持法がないスイスやマレーシア、パナマなどの国に法人登記する必要があります。

また、プライバシーポリシーでログの保管期間と個人情報の使用用途に関する説明をきちんと行って、第三者機関の独立監査を入れて規約内容が事実であることを証明している誠実な無料VPNサービスの運営会社はほとんどありません。

ノーログと言っておきながら、実は一定期間保管している間に収集した個人情報データを第三者に共有または転売して収益化しているケースが多いです。

例えば、下記は無料と有料の2つのプランを提供している『Touch VPN』という人気の自称ノーログ&暗号化VPN接続サービスで、運営元AURA社のプライバシーポリシーの内容です。

内容を確認してみると、『お客様の個人情報を販売することはありません(当社の無料製品を利用する場合を除く)』と記載されています。つまり、無料プランユーザーの個人情報は転売すると述べています( ゚Д゚)!この会社の登記国はアメリカなので最低でも3ヶ月間データを保管する義務を定めた『データ保持法』の対象です。ログを保管しないのは3ヶ月後の話であり、卑怯な説明です。

ユーザーのために自社サービスの質の改善と向上のためにユーザーデータを利用するだけなら健全な運営といえるのですが、いくら無料で使わせてくれるとはいえど、ユーザーの利便性に全く関係がない業者に転売しているVPNサービス会社は絶対に避ける必要があります。

健全な運営会社か判別する方法は、運営会社の所在国(登記された国)にデータ保持法がない点に加えて、プライバシーポリシーに記載されている『収集した個人情報の使用方法』と『共有する相手とその理由』の内容を必ずチェックすることです。

”ノーログ”というキーワードに安心して絶対に騙されないでください。

無料のVPNを使ってNetflixなどで居住国以外のコンテンツを快適に視聴できたとしても、VPNサービスの運営会社が脆弱なセキュリティ体制でウイルス感染被害に巻き込まれたり、クレジットカード情報などのユーザー個人情報を悪意のある第三者に転売される危険性があります。

実際にForbesの調査報告によれば、2020年に3社の無料VPN接続サービスでユーザーの名前、電子メールアドレス、ユーザー名、支払いデータ、デバイス情報、位置情報ログなど約2100万人の個人情報漏洩があったとされています。いづれもGoole Playでダウンロードできる人気の無料VPNアプリでした。

それでは、実際にどうやって本当に安全で便利な無料VPNサービスを選べば良いのでしょうか?

ボクが実際に人気の無料VPNサービスを調べて比較検証した下記の結果を参考にして、安全な無料VPNサービス会社を選ぶようにしてくださいね!

無料で使えるVPN接続サービスを比較検証した結果

モモの助
モモの助

実際にボクが使用して次の10個項目をポイントに検証して比較表にまとめたよ♪

忙しい方はこの表でどの無料VPNサービス会社が危険なのか一目でわかるから、この中から安全で性能が高いVPNを選んでね!

早見表推奨総合評価安全性評価過去のトラブルウイルス検出ノーログポリシー暗号化キルスイッチプロトコル個人情報の転売広告表示通信速度/mbps(down/up)通信量制限Netflix有料プラン(月額)カスタマーサポート日本語対応対応デバイス・OS同時接続可能数接続国数日本サーバーサーバー数トレント対応
ProtonVPN推奨 安全なしなしありありありWireGuard/IKEv2/IPSec/TCP/UDPなしなし166.93/143.33なしOK€4.99~メールなしMac/iOS/Android/Windows/Linux/1台3ヵ国あり100以上あり
hide.me VPN推奨 安全なしなしありありありKEv2/TCP/UDP/SoftEther VPN/WireGuard/SSTPなしなし157.24/56.85一部の国で10GB/月NG$9.95~チャットなしMac/iOS/Android/Windows1台47か国あり100以上あり
AdGuard VPN非推奨 安全なしなしありありあり独自なしなし15.88/21.113GB/月OK$2.99~メールありMac/iOS/Android/Windows2台13か国有料100以上あり
TunnelBear vpn非推奨 安全なしなしありありありTCP/UDP/IKEv2なしなし122/5500MB/月OK$9.99メールなしMac/Android/Windows1台26か国あり1800なし
Windowscribe非推奨 安全なしなしありありありWireGuard/IKEv2/TCP/UDTなしなし72.99/50.6410GB/月OK$5.75~メールなしMac/iOS/Android/Windows/Linux1台11か国なし11あり
VPN Gate非推奨 注意なしなし危険ありなしL2TP/IPSec/TCP/UDPなしなし0.36/0.1非公開OKなし応答なし応答なしMac/iOS/Android/Windows/Linux5台6か国非公開7000以上あり
VPNネコ非推奨 危険なしなし危険危険なしTCP位置情報あり0.91/0.96なしNGなしなしなしiOS/Android無制限10か国あり非公開なし
Touch VPN非推奨 危険なしなし危険ありなしPPTPありあり24.27/6.68500MB/日NG$12~応答なしなしMac/iOS/Android/Windows無制限90か国以上なし5900以上なし
Hola VPN非推奨 危険ありなし危険なしなし非公開ありあり32.47/7.97非公開NG$7.69~応答なしなしMac/iOS/Android/Windows1台40か国なし非公開なし
Opera VPN非推奨 危険あり危険危険ありなしIKEv2/IPsecありあり195.46/8.02公開NG$1.99応答なしなしMac/iOS/Android/Windows1台3大陸なし6以上あり
忙しい方向けの早見表

お急ぎの方向け!推奨できる無料VPNは2社のみ

モモの助
モモの助

上の早見表をもとに、次の8項目を軸にもっと詳しく解説していくよ♪

  1. 過去のトラブル(黒歴史)を比較
  2. 収益源を比較
  3. セキュリティ(ノーログ・暗号化・キルスイッチ)を比較
  4. 通信速度・通信データ使用量の制限を比較
  5. 動画配信サービスのブロック解除を比較
  6. VPNアプリの使いやすさ・カスタマーサポート・日本語対応を比較
  7. 対応デバイスの種類と同時接続可能数を比較
  8. 接続できる国とサーバーの数を比較
  9. トレント対応を比較
  10. アカウント作成時に必要な情報を比較

①過去のトラブル(黒歴史)を比較

世界的に有名なForbes誌の調査報告によれば、2020年に3社のVPN接続サービスでユーザーの名前、電子メールアドレス、ユーザー名、支払いデータ、デバイス情報、位置情報ログなど約2100万人の個人情報漏洩があったとされています。

トラブルを起こした3社は、Google Playでダウンロードできる『Super VPN(インストール数約1億)』、『GeckoVPN(インストール数約5万)』、『ChatVPN(インストール数約1千万)』といづれも安全性が高いと人気の無料VPNサービスでしたが、なんとセキュリティは脆弱性のオンパレードだったのです。

また、Google Playストアの無料VPNアプリのうち38%にマルウェアが含まれていて、上記3社と同様にユーザーの情報が盗まれているとの報告がされています。

ProtonVPNhide.me VPNAdGuard VPNTunnelBear vpnWindowscribeVPN GateVPNネコTouch VPNHola VPNOpera VPN
個人情報漏洩なしなしなしなしなしなしなしなしありあり
ウイルス感染なしなしなしなしなしなしなしなしなしなし
サイバー攻撃なしなしなしなしなしなしなしなしありあり
過去トラブルの比較

Hola VPNとOpera VPNは過去にユーザーの個人情報を不正に入手して転売して法的トラブルに発展した経歴があります。

Hola VPNの運営会社はユーザーの帯域領域を盗んで姉妹会社のLuminati社を通じて不正に悪徳業者に転売していたとして摘発されました。

Opera VPNは脆弱なセキュリティが原因で、2016年にハッキングにより170万人以上のユーザーのパスワードやログイン情報、決済情報等の機密情報を漏洩させました。

また、10社の無料VPNサービスをインストールする際のファイルにウイルスが仕込まれている危険性がないか検査した結果、Opera VPNにマルウェアの検知がありました。この会社はブラウザやローンアプリ事業も行っていますが、不正に超高金利の短期ローンを組ませるアプリをGoogleのルールを無視して配信していることも摘発されている悪徳業者なので注意してください。

ウイルス検査ProtonVPNhide.me VPNAdGuard VPNTunnelBear vpnWindowscribeVPN GateVPNネコTouch VPNHola VPNOpera VPN
マルウェアなしなしなしなしなしなしなしなしなし検知
モモの助
モモの助

Opera VPNは危険だから利用しないでね!

②収益源を比較

ProtonVPNhide.me VPNAdGuard VPNTunnelBear vpnWindowscribeVPN GateVPNネコTouch VPNHola VPNOpera VPN
アプリ内広告なしなしなしなしなしなしありありありあり
個人情報の転売なしなしなしなしなしなしありありありあり
有料サブスクの誘導ありありありありありなしなしありありあり
収益モデルの比較

営利企業である限り、社員の給料をはじめとする運営費が必要なので必ず何かで利益を稼がないといけません。ボランティア等の非営利企業ではないので、消費者にサービスを提供して対価を得ることは資本市場では当然の仕組みなのです。

VPN接続サービスに限らず、無料で利用できるWEBアプリ・サービスは、基本的に「アプリ内の広告収益」と「ビッグデータの収集と2次利用」、または有料プランへのアップセル勧誘を目的に提供されています。

ユーザーは無料で便利なサービスを利用できる変わりに、同意の上でVPNサービスの運営会社に自らのインターネット行動履歴をはじめとする個人情報を差し出しているのです。

サービス向上のために、VPNサービスの運営会社とサードパーティと呼ばれるアプリ内の機能に関連する広告配信業者や決済業者等だけがユーザーのビッグデータを取得及び共有するのであれば至って健全なのですが、全く関係のない第三者に転売したり犯罪に利用されるなどの情報漏洩が問題になった無料VPNサービス会社が存在することも事実なので細心の注意と対策が必要です。

VPNネコ、Touch VPN、Hola VPN、Opera VPNの4社はサービスの向上に全く関係のない業者へユーザーの個人情報を転売している危険性があるので利用しないでください。特にHola VPNは実際に摘発された過去があります。

消費者のビッグデータはハッカーフォーラム等の闇市場にて高値で売買することができます。

  • 位置情報
  • クレジットカード等の決済情報
  • 使用デバイスやアプリの行動履歴
  • ID・パスワード
  • WiFi接続情報
モモの助
モモの助

VPNネコ、Touch VPN、Hola VPN、Opera VPNの4社は転売の危険性が高いから利用しないでね!

③セキュリティ(ノーログ・暗号化・キルスイッチ)を比較

ボクたち個人が利用する用途のVPNサービス会社でおさえておきたいセキュリティのポイントは、ノーログ・暗号化・キルスイッチの3点だけで大丈夫です。

基本的に有料のVPNサービス会社であれば全て対応しています。しかし、無料VPNサービス会社では非対応の場合が多いです。特に、バックエンドで有料プランがある無料VPNサービス会社は、有料プランのみ対応しているケースが多いので注意してください。

ノーログを比較

ノーログとはVPNサービスに登録した利用者の閲覧履歴やIPアドレスなどをはじめとする個人情報の記録を自社サーバーに保存しないという規約のことです。

つまり、自社のサーバーを通るユーザーのトラフィックを収集しても記録しないVPNのことを指します。

取得したログ(履歴)を一切保管しないことを約束してくれたら第三者に漏洩することもないため、プライバシー保護の観点からノーログポリシーを採用しているVPNサービス会社を選ぶことはユーザーにとって必須条件です。

しかし、記事冒頭の『無料のVPN接続サービスを使う前に必ず知っておきたい注意点』でも説明したように、運営会社が拠点を置く国にデータ保持法がある場合、最低3ヶ月間はユーザーのログを保管する義務があるので本当にノーログを実践できる運営会社はほとんどありません。

ProtonVPNhide.me VPNAdGuard VPNTunnelBear vpnWindowscribeVPN GateVPNネコTouch VPNHola VPNOpera VPN
法人/個人法人法人法人法人法人大学法人法人法人法人
開発元所在地スイスマレーシアキプロス米国カナダ日本香港米国イスラエルノルウェー
販売元所在地スイスマレーシアキプロス米国カナダ日本オーストラリア米国イスラエルノルウェー
設立年2014年2015年2014年2011年2016年2013年2017年2014年2007年1995年
データ保持法なしなしありありありありありありありあり
安全性(信頼度)安全安全安全安全安全安全危険危険危険危険
会社HP公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイトなし公式サイト公式サイト公式サイト

ほとんどの国の政府は国家の安全と称して国民の個人情報を収集したいため、データ保持法を定めることで必要時にいつでも運営会社から収集できるようにしています。

運営会社が本気でノーログを実践する気がある場合、データ保持法がないプライバシー天国のパナマやスイス、マレーシアなどの国に拠点を置いて運営しなければならないのです。

ノーログを宣言しているのに運営拠点がデータ保持法のあるアメリカやEU諸国になっているVPNサービスの運営会社は矛盾しかないわけですが、これらの不誠実な企業がログを保管しませんと約束しているのはデータ保持法の最低3ヶ月保管義務の後の話で、この点をしっかり説明している誠実な運営会社はほとんどありません。

無料で提供しているVPNサービスの運営会社がノーログを宣言している場合、ほとんどのケースで3ヶ月の保管期間中に個人情報を抜き取って2次利用しています。

いくらプライバシーポリシーでノーログ宣言と個人情報の転売をはじめとする2次利用をしないと約束していても、技術的に悪用しようと思えばいつでも可能なので、これらのVPNサービス会社は絶対に避けるべきです。

下記の比較表にある無料VPNサービスプロパイダー10社はノーログポリシーを宣言していますが、データ保持法のない国(最低3ヶ月の保管期間義務がない)を運営拠点にしている会社は『ProtonVPN』と『hide.me VPN』のみである点に注意してください。

また、プライバシーポリシーで宣言していることが全て事実であることを第三者機関の独立監査を入れて証明を行っているVPNサービス会社を選ぶようにしましょう。

最低3ヶ月の保管義務データの2次利用独立監査
ProtonVPNなし一切なし宣言証明
hide.me VPNなし一切なし宣言証明
AdGuard VPNあり一切なし宣言しているけど技術的に可能なし
TunnelBear vpnあり一切なし宣言しているけど技術的に可能なし
Windowscribeあり一切なし宣言しているけど技術的に可能なし
VPN Gateあり筑波大学は一切なし宣言しているけど、サーバーの提供元は各国の個人ボランティアなので技術的に悪用される可能性なし
Touch VPNあり無料プランユーザーは転売すると宣言なし
Hola VPNあり子会社と関連会社に転送して転売を宣言なし
Opera VPNあり提携する広告配信サービス業者に転売を宣言なし
ノーログポリシーの闇を比較
モモの助
モモの助

なるほど!本気でノーログを実践していて、宣言しているプライバシー保護が事実なら独立監査を入れて証明しているんだね( ゚Д゚)

暗号化を比較

通常ボクたちがインターネットを利用して何かWEBサービスを閲覧する際は、そのWEBサービスの運営者が契約しているサーバーを通って閲覧しています。

WEBサービスを提供する運営者、サーバー運営者、利用した検索エンジンの運営会社、インターネット回線のプロパイダーたちにあなたのネット行動履歴をはじめとする個人情報は丸見えで、悪意があればIPアドレスから侵入してデバイスに入っているデータを盗むことも可能です。

また不正アクセスの技術を持っているハッカーも同様にあなたの利用デバイスから接続するWEBサービスとの間の通り道で、簡単に個人情報を盗むことができるのです。特に公共の無料WiFiを利用する際は、無料で使わせてもらう代わりに基本的に個人情報を運営者に差し出しているので危険です。

しかし、VPNを導入することでVPNサーバーを通るようになるので、あなたの個人情報を他人が覗き見することができない通信に変化して、プライバシーを保護してくれます。

有料のVPNサービス会社であれば基本的に暗号化に対応していますが、無料のVPNサービス会社は非対応のサービスも多いので注意が必要です。特に、有料プランのバックエンドがある無料VPNサービス会社の場合は公式サイトで暗号化対応と記載があるにも関わらず、無料プランは機能制限しているケースがあるのでダマされないように下記の比較表でチェックしておきましょう。

暗号化のセキュリティ技術には種類があります。

AES 256bitという暗号化技術は、各国政府や軍事機関、サイバーセキュリティの専門会社に使用されている暗号化規格です。米国家安全保障局(NSA)がトップシークレットを含む機密情報の保護に推奨しています。

対応ありなし256-bit AES暗号化
ProtonVPNありあり
hide.me VPNありあり
AdGuard VPNありあり
TunnelBear vpnありあり
Windowscribeありあり
VPN Gateありなし
VPNネコなしなし
Touch VPNありなし
Hola VPNなしなし
Opera VPNありなし
暗号化技術の比較
モモの助
モモの助

ログポリシーの信頼性と米国家安全保障局のお墨付き『256bit AES暗号化』に対応しているProtonVPN、hide.me VPNが魅力的だなあ(*’▽’)

キルスイッチを比較

キルスイッチとは、VPNを利用してインターネットに接続している際に何らかの理由でVPNの接続が途切れて暗号化も止まり、あなたの本来のIPアドレスに切り替わって個人情報が他人から丸見えになってしまう状況を防止する自動装置のことです。

通信が途切れる理由は利用しているVPNサービス会社のデータ容量がしょぼくて混雑している、WiFiの通信環境が悪い、など様々です。

キルスイッチが導入されているVPNサービス会社を使えば、接続が復元されるまであなたの個人情報を保護してくれるので安心です。

有料のVPNサービス会社は基本的にキルスイッチに対応していますが、無料のVPNサービス会社は非対応のケースが多いので必ず確認してください。

対応ありなし
ProtonVPNあり
hide.me VPNあり
AdGuard VPNあり
TunnelBear vpnあり
Windowscribeあり
VPN Gateなし
VPNネコなし
Touch VPNなし
Hola VPNなし
Opera VPNなし
キルスイッチ対応を比較
モモの助
モモの助

ProtonVPNとhide.me VPNはキルスイッチにも対応しているんだね(*’▽’)

③通信速度・通信データ使用量の制限を比較

ここまでセキュリティ面と運営会社の信頼性について比較した結果を解説してきました。

しかし、いくらセキュリティに強くて安全性が高くてもVPNの通信速度が遅くてインターネット接続が頻繁に途切れたり、接続できない状態だとそのVPNを使う意味がありません。

また、個人情報の漏洩や転売で過去に摘発されている無料VPNサービス、ログポリシー・暗号化・キルスイッチにちゃんと対応してない無料VPNサービスは使うメリットがないので、ここからの章では比較対象から除外します。

また、TunnelBearは接続元のロケーションエラー、windscribeはサーバーに接続ない&フリーズして動かなくなる、といったエラーが頻繁に起きてそもそも使用できないことが多いので、この2社も除外します。

これまでの厳しい審査に勝ち抜いた下記の無料VPNサービス3社の通信速度と通信データ容量を検証して比較表にまとめました。

残った優良の無料VPNサービス

  • ProtonVPN
  • hide.me VPN
  • AdGuard VPN

通信速度を比較

ネットの通信速度が速いか遅いかを判断するには、ダウンロード(下り)とアップロード(上り)、ping値の3項目を計測して比較します。

通信速度のダウンロード(下り)とアップロード(上り)は、データの移動する方向をあらわした用語です。

例えばYouTubeなどの動画配信サービスを視聴する際の速度をダウンロード(下り)、逆にYouTubeで動画配信したり動画をアップロードする際の速度をアップロード(上り)を意味します。

ネットを使う際は、基本的にアップロード(上り)よりもダウンロード(下り)の通信速度の速さが重要です。動画視聴など大きなデータ通信を伴なうのはダウンロードであることが多いからです。

一方で動画配信したりオンラインゲームをプレイする人は上りの速度が重要になってきます。VPNの用途にあわせてチェックしてみてください。

また、ping値はインターネットの応答時間(タイムラグ)を表します。ping値は小さいほど反応速度が良いことを表し、快適にインターネットを楽しむことができます。

例えば、オンラインゲームでコマンドを入力した操作が素早く反映されるといった具合です。動画視聴するなどダウンロード目的の方にはping値はあまり関係ないので省いて大丈夫です。

ちなみに、ping値はmbpsと相反関係にあるのでmbpsの速度が速いほどping値の速度は遅くなります。ping値の一般的な数値は36ms~50msです。FPSのような反応速度が重要視されるゲームの場合は15ms以下が理想でしょう。

※タイバンコク在住の筆者がタイから各国サーバーへ接続して検証しています。
※計測ツールはプロの技術者も使用するSPEEDTESTを使用しています。
※日本時間で9時・13時・17時・深夜1時と4回計測した平均値を算出しています。
※計測リクエストがあれば何でもお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
※AdGuard VPNとWindowscribeは有料プランのみ日本サーバーに接続可能でした。

ダウンロード/アップロード(mbps)ping値計測環境
ProtonVPN172.77/246.04126タイから日本
hide.me VPN137.40/262.52129タイから日本
AdGuard VPN22.34/13.37424タイから米国NY
通信速度を比較

快適にインターネットを利用できる通信速度の目安は10~100mbpsとされています。最低でも100mbpsくらい出てればストレスなくネット接続ができます。

しかし、VPNを利用する目的用途によって必要な値は変わってくるので、より快適にコスパ良く自分にあったVPNサービス会社を選んで頂けるように下記の表に目的ごとの必要通信速度の目安をまとめました。

Mbps
動画視聴25Mbps(下り)
4K高画質なら100Mbps
NetflixやYoutubeなど
ビデオ通話50Mbps(上り下り)LINEやZOOMなど
オンラインゲーム100Mbps(上り下り)steamやeftなど
メールやLINEの送受信128Kbps~1MbpsGmailやLINEなど
WEBサイトやSNSの閲覧1Mbps~5MbpsAmazonやInstagramなど
目的に必要な通信速度を比較
モモの助
モモの助

Netflixなどを高画質でもストレスなく快適に楽しむには、ProtonVPN・hide.me VPNがおすすめだよ(^^)/ 無料VPNサービスだとping値が100超えちゃうからFPS等のオンラインゲームはちょっと厳しいね((+_+))

通信データ使用量の制限

無料のVPN接続サービスでは、1日または1ヵ月に使用できるデータ容量の上限を制限している運営会社があります。

上限に達した場合、VPNサーバーに接続できなくなるので通常のインターネット回線のみの接続に戻ります。キルスイッチに対応してないVPNサービス会社の場合はプライバシー保護が突然消えるのでとても危険です。

なるべくデータ容量の使用制限がないVPNサービス会社を選ぶことをおすすめします。

使用上限Netflix再生可能時間
ProtonVPNなし無制限
hide.me VPN一部の国は10GB/月一部の国サーバーは20時間/月
AdGuard VPN3GB/月6時間/月
データ使用量の制限を比較

VPNサービスの利用目的で1番多い『Netflixの動画視聴』を例に、実際にどれくらいの時間視聴すると使用制限に到達するのかを調査しました。

画質設定は自動設定(標準画質)で視聴して検証しています。視聴する動画作品のジャンルが違ってもさほど大きな違いはありませんでした。

モモの助
モモの助

ボクは1ヵ月にNetflixで1話1時間くらいの海外ドラマを20話は視聴するから、ProtonVPNが良さそうだな(^^♪

⑤動画配信サービスのブロック解除を比較

モモの助
モモの助

ネット情報でネトフリをブロック解除できるって書いてあったVPNを実際に契約したら全く見れなかった。っていう嫌な思いをしたことないかな?適当な情報サイトが多いからボクが本当に調査してまとめたよ(*’▽’)

世界で展開する動画配信サービス

世界で展開しているグローバル企業の動画配信サービスは日本からも契約して視聴することが可能です。

基本的に住んでいる国で配信されているコンテンツしか見れないのですが、VPNを使うことで色んな国の限定配信ドラマや映画作品にアクセスできるようになります。

オランダから日本のAmazon Prime Videoで鬼滅の刃を見ようとアクセスしたら、こんな感じでブロックされます↓↓

例えば、Netflixは世界190か国以上でサービスを展開していますが、映画やドラマのラインナップは国により異なり、随時変更されます。VPNを使って視聴したい国のIPアドレスに変更することで、その国でのみ配信されている映画やドラマを視聴できるというわけです。

しかし、VPNサービス会社によっては視聴したい動画配信サービスをブロック解除できない場合があります。そのため、どのVPNサービスを使うか決める前に事前調査が必要です。

下記の表では、そんなわずらわしい調査をボクが皆さんに変わって「海外から日本」「日本から海外」にアクセスして動画を快適に視聴できるのか検証しました。

※ブロック解除は動画配信サービスの運営会社とイタチごっこのため、『当時は見れたのに今は見れなくなった』という現象が生じます。なるべく常に最新の情報をアップデートしていきます。

※AdGuad VPNは有料プランのみ日本サーバーを使用できます。

【検証更新日:2022年9月30日】

VODグローバルProtonVPNhide.me VPNAdGuard VPN
NetflixOKOK海外から日本NG
Amazon Prime VideoOKOK海外から日本NG
HBO MaxNGNGNG
Paramaount PlusOKOKOK
YouTube PremiumOKOK海外から日本NG
Disney+OKOK海外から日本NG
FunimationOKOKOK
Apple TV+OKOK海外から日本NG
DAZNOKNGNG
viuNGOKNG
世界展開している動画配信サービスで比較

各動画配信サービスによってサービスを展開している国と地域が異なるので、こちらのまとめ記事『世界に展開する人気動画配信サービス10社のサービス対象国・地域一覧』から対象国をチェックした後、ご利用のVPNアプリで対象国のサーバーを選んで接続しましょう。

モモの助
モモの助

AdGuard VPNはそもそも無料プランで日本サーバーが使えないので微妙だね((+_+))

業界No.1の性能を誇る新しいVPNサービス会社『Nord VPN』ならブロック解除が難しいHBO Max、DAZN、viuも視聴できるよ( ;∀;)

日本国内のみで展開する動画配信サービス

次の表では、海外からVPNを使って海外から日本の動画配信サービスを視聴できるのか検証した結果をまとめました。

VOD日本ProtonVPNhide.me VPNAdGuard VPN
HuluNGNGNG
U-NEXTOKNGNG
PraraviNGNGNG
ABEMA TVNGNGNG
dTVNGNGNG
FODOKOKNG
TverOKNGNG
GYAO!NGNGNG
日本国内の動画配信サービスで比較

日本国内のみでサービスを展開している動画配信サービスは放映権の問題で海外からの接続をブロックしているためアカウント登録も視聴もできない仕組みになっています。

海外に住んでいて日本の動画配信サービスを利用したい時や、日本または海外から韓国の動画配信サービスを視聴したい時はVPN接続サービスを使って日本のIPアドレスまたは韓国のIPアドレスに変更することでそれぞれ視聴することができます。

モモの助
モモの助

この3社の中ではProtonVPNが1番マシだけど、ほとんどブロックされて見れないから無料お試し期間が30日あって無料期間中も有料プランのサービスを全部使えるNord VPNやExpress VPNを使うのがおすすめだよ(^^♪

韓国・その他アジアで展開する動画配信サービス

下記の表では、日本から韓国の動画配信サービスを視聴できるのか、海外から韓国の動画配信サービスを視聴できるのか検証しました。

VOD韓国・アジアProtonVPNhide.me VPNAdGuard VPN
TVINGNGOKNG
wavveNGNGNG
SBSNGOKNG
kakao tvNGOKNG
jtbcNGOKNG
mbcNGOKNG
ONDemand koreaNGOKNG
LINE TVNGOKNG
楽天vikiNGOKNG
韓国・その他アジアで展開する動画配信サービスで比較

楽天vikiは主にアジア圏で展開しているサービスですが、日本からでもVPN接続サービスを利用せずに視聴可能です。ただし、台湾や韓国など国によって配信されている作品が異なるのでVPNを使えば日本未配信のコンテンツを視聴することができるのでおすすめです。

モモの助
モモの助

韓国の動画配信サービスを視聴するならhide.me VPN一択だね!wavveだけ見れないから、30日間の無料お試し期間で有料プランと同じ機能を使えるNord VPNやExpress VPNを使って視聴するのがおすすめだよ(^^♪

てか、AdGuard VPNショボいから比較対象から脱落だな。

⑥VPNアプリの使いやすさ・カスタマーサポート・日本語対応を比較

VPNアプリ画面の操作性は2社ともシンプルですが、ProtonVPNは日本語対応がないのでネットに疎い還暦間近のわたしの母親は操作できませんでした。

とはいえ中学生くらいの英語力があれば、国名を選んでボタンを押すだけなので大丈夫です。hide.me VPNは日本語対応しているのでわかりやすくておススメです。

ProtonVPNhide.me VPN
アプリの操作性シンプルだけど英語シンプル&日本語
カスタマーサポートの種類メールメールor365日24時間のチャット
回答の速さ翌日翌日
回答の質良い微妙
日本語対応なしチャットのみ(自動翻訳)
収益モデルの比較

hide.me VPNにカスタマーサポートの質は期待しない方が良いでしょう。基本的に応答はなく、あったとしても簡易的です。

一方で、ProtonVPNは回答がとても親切で詳しく説明してくれます。基本的に回答は早くて2営業日、遅い場合は3営業日後だったりします。

もし、あなたがサポートを重視したい場合は当サイトでも1番推奨しているNord VPNがおすすめです。30日間無料のお試し期間で有料版と全く同じ機能を制限なく利用できます。

nord vpn 評判NordVPN(ノード)の口コミ評判は本当?利用者の私が暴露レビュー

⑦対応デバイスの種類と同時接続可能数を比較

VPNサービス会社によって、使用できるデバイス(端末)・OSとブラウザの種類は基本的に異なるので利用予定のデバイスに対応しているのかあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

また、1つのアカウントに対して同時に何台までデバイス(PCやスマホ)を接続できるのかもVPNサービス会社によって異なるのであわせて確認しておきましょう。

ProtonVPNhide.me VPN
対応デバイス・OSiOS/Android
Windows/Mac/Linux
Google Chromebook
ルーター
iOS/Android
Windows/Mac/Linux
ルーター
ルーターの互換性Invizbox2
AsusWRT
DD-WRT
pfSense
FreshTomato
Vilfo
OpenWRT
Tomato(legacy)
Asus-WRT
Asus-WRT Merlin
DD-WRT
DD-WRT Legacy
Mikrotik RouterOS
OpenWRT
OpenWRT Legacy
Tomato
オペレーティングシステム不明ブラックベリー
フェドラ24+
LibreELEC(コディ)
OpenELEC(コディ)
pfSense
QNAP
QNAPレガシー
Synology DSM
ストリーミングデバイスApple TV
Amazon Fire TV
Android TV
クロームキャスト
任天堂スイッチ
プレイステーション(PS4)
Roku(ロク)
Smart TV(スマートTV)
Xbox
Apple TV
Amazon Fire TV
Android TV
クロームキャスト
任天堂スイッチ
プレイステーション(PS4)
Roku(ロク)
Smart TV(スマートTV)
Xbox
ブラウザ拡張機能非対応Google Chrome(クローム)
Firefox(ファイアーフォックス)
同時接続可能台数1台1台
対応デバイスと同時接続可能数を比較

ProtonVPNとhide.me VPNの両社とも無料プランでは同時接続台数が1台のみです。

1台以上のデバイスを同時に接続して使用したい場合は有料プランへアップデートするか、何台でも同時接続できる無制限のNord VPNの利用もおすすめです。

現在、ProtonVPNはブラウザの拡張機能に対応していませんが、サポートに問い合わせたところ近日中にリリースするとのことでした。

⑧接続できる国とサーバーの数を比較

公式サイトや腐った適当な情報サイトで接続できる国名をみて、実際にVPNサービスに登録して使ってみたら機能制限がかかっていて接続したい国が使えなかったという経験はありませんか?

有料プランのバックエンドがある無料VPNサービス会社では、公式サイトでは有料プランで使える機能情報だけをわざと掲載していることが多いので、ダマされないようにあらかじめ無料プランでも自分が使いたい国に対応しているのか確認することをおすすめします。

また、VPNサービス会社のサーバー設置数が少ないと時間帯によって利用者が混雑して接続が頻繁に途切れたり、全然繋がらないことも良くあります。

ProtonVPNhide.me VPNNord VPN(理想)
接続可能な国数有料:64か国
無料:3ヵ国
有料:75か国
無料:47か国
59か国
サーバー設置数有料:1700台以上
無料:100以上
有料:2000台以上
無料:100以上
5000台以上
日本への接続
無料プランの接続可能国数とサーバー設置数を比較

⑨トレント対応を比較

特殊な作業をする方でトレント利用のためにVPNサービスを使う場合、VPNサービスがトレント利用をどれくらい許容しているのか確認しておきましょう。

ProtonVPNhide.me VPN
トレント対応公式に許可公式に許可
専用サーバー専用P2Pサーバー専用P2Pサーバー
無料プランの接続可能国数とサーバー設置数を比較

⑩アカウント作成時に必要な情報を比較

VPNサービス会社に登録してアカウント作成する際に求められる個人情報は各サービスによって異なります。

ProtonVPNとhide.meはメールアドレスのみでアカウント作成してVPN接続を行うことができるので、めちゃくちゃ簡単です。メールアドレス以外は一切個人情報を提出する必要がないため、匿名性に優れたサービスとなっています。

ProtonVPNhide.me VPN
必要な情報メールアドレス、Apple ID、Facebook、Twitterから選択メールアドレスのみ
決済情報なしなし
無料プランの接続可能国数とサーバー設置数を比較

本当に使える安全なおすすめ無料VPNサービスはこの2社だけ!

ここまで10社の無料VPNサービスを10項目で比較検証してきた結果、最終的に厳しい条件をクリアして勝ち残った無料VPNサービス会社は『ProtonVPN』と『hide.me VPN』の2社となりました。

無料VPNを選ぶ際の必須条件

  • 過去に個人情報漏洩や転売のトラブルがない
  • 厳格で裏付けのあるノーログポリシー
  • 強力なデータ暗号化技術を採用
  • キルスイッチに対応
  • 通信速度は最低でも下り100mbps以上
  • データ通信量の制限がない
  • 利用したい接続国の機能制限がない
  • ストリーミングサービスのブロック解除
  • アカウント作成から接続までメールアドレスのみで可能
ProtonVPN
 (5)

¥ゼロ円/完全無料

ProtonVPNは有料VPNと同等の通信速度で快適にNetflixなどの動画配信サービスを視聴できます。

運営拠点スイス
過去のトラブルなし
厳格なノーログポリシー第三者機関が証明
データ暗号化技術256-bit AES暗号化
キルスイッチ対応
通信速度(上り/下り)185.70/244.86
データ通信量制限無制限
利用に必要な情報メールアドレス、Apple ID、Facebook、Twitterのいづれかのみ

メリット

  • 有料VPNに匹敵する脅威の通信速度
  • データ通信量無制限で動画視聴に最適
  • 独立監査のノーログポリシー
  • 運営拠点はプライバシー保護天国のスイス
  • アカウント作成が簡単

デメリット

  • 有料プランは64か国、無料プランは3ヵ国(日本,米国,オランダ)のみ接続可能
  • カスタマーサービスは応答なし
  • アプリ画面は英語

ProtonVPNの通信速度は無料版でも人気の有料VPNサービス『Nord VPN』に匹敵する爆速技術を持っています。

データ通信量も無制限なので、Netflixなどの動画ストリーミングサービスで映画やドラマを海外から視聴したい場合にProtonVPNを使えば快適にストレスなく楽しむことができます。正直いって無料とは思えないクオリティです。

しかし、ProtonVPNは有料版サービスへの誘導を目的として無料版を提供しています。そのため、接続国の機能制限で3ヵ国(日本・米国・オランダ)の中からしか選べません。もし、3ヵ国以外の国に接続したい場合は47か国に接続できるhide.me VPNとの使い分けがおすすめです。

ProtonVPNはセキュリティ技術とプライバシー保護の法律が世界トップレベルと言われているスイスに拠点を置いています。プライバシーポリシーで宣言している全ての情報は第三者機関の独立監査で証明されているので、安心して利用することができる超優良VPNサービスです。

日本サーバーへの接続は5種類から選択できます。利用者の込み具合によって通信速度が変動するのですが、2番目の『JP-FREE#2』が安定していておススメです。

hide.me VPN
 (5)

¥ゼロ円/完全無料

hide.me VPNは47か国に接続できて通信速度もProtonVPNに匹敵します。

運営拠点マレーシア
過去のトラブルなし
厳格なノーログポリシー第三者機関が証明
データ暗号化技術256-bit AES暗号化
キルスイッチ対応
通信速度(上り/下り)214.04/246.16
データ通信量制限一部の国は10GB
利用に必要な情報メールアドレスのみ

メリット

  • 日本語対応の公式サイトとアプリ操作画面で使いやすい
  • 独立監査のノーログポリシー
  • 通信速度はProtonVPNに匹敵
  • 有料プランの75か国のうち無料プランでも47か国に接続可能
  • データ保持法がないプライバシー天国のマレーシアが運営拠点

デメリット

  • 一部の国は月に10GBのデータ通信量制限あり
  • 日本は10GB/月の機能制限
  • カスタマーサービスは応答なし

hide.me VPNはデータ保持法がないプライバシー天国のマレーシアに拠点に運営されています。

また第三者機関の独立監査によって、プライバシーポリシーで宣言している内容はすべて真実であることが証明されているので安心して安全に利用できます。

計測した通信速度の数値はProtonVPNを上回っていますが、実際にNetflixの動画を視聴した肌感だとProtonVPNの方がやや早いように感じました。ProtonVPNの無料プランでは3ヵ国のみ接続可能ですが、hide.meは47か国に接続することできます。

唯一のデメリットは、日本を含む一部の国で1ヵ月に利用できるデータ通信量が10GBに機能制限されていることです。Netflixの動画視聴で換算すると月に約20時間くらい動画を見たら翌月まで使用できなくなります。

データ通信量が無制限のProtonVPNとうまく使い分けて利用すると便利でおすすめですよ。


機能制限がない実質無料で利用できるVPNサービスもおすすめ!

無料版のVPNサービスでは、接続可能な国数の制限や1ヵ月に使えるデータ通信量の制限など、どうしても機能制限があるのでストレスに感じる方もいるかもしれません。

有料プランのみを提供している大手の人気VPNサービス会社では、基本的に30日間返金保証サービスがあります。

これは、サービスに満足できなければ登録から30日以内に返金申請することでどんな理由でも1~2営業日で全額返金してくれるサービスです。

最初から決済を行って有料プランに申し込みするため、もちろん機能制限なく有料機能をすべて使うことが可能できます。とりあえずメリットしかないので、お試し利用におすすめです。

有料VPNサービス

  • 全ての機能を制限なく使える
  • サーバー設置数が多いので接続が重くならない
  • 30日~45日間の返金保証があるので無リスクでお試し可能
  • カスタマーサポートの応答が早くて質が高い
  • ブロック解除できるストリーミングサービスが豊富

無料VPNサービス

  • 接続可能な国数の制限がある
  • データ通信量の制限がある
  • サーバー数の制限がある(混雑する時間帯は低速または繋がらない)

しかし、この手の返金保証系サービスの怖いところは返金手続きがかなり面倒だったり、ずっと待ってるのにぜんぜん返金されない等のリスクがありますよね?

老舗で大手の人気VPNサービス3社を実際にわたしが契約して返金対応を調査した評価記事をぜひチェックしてみてくださいね(^^♪

→Nord VPNの30日間返金保証は本当なのか実際に契約して検証してみた
→ExpressVPNの30日間返金保証は本当なのか実際に契約して検証してみた
→Surfshark VPNの30日間返金保証は本当なのか実際に契約して検証してみた

ブランドNord VPNExpressVPNsurfshark VPN
ブランド
評価
返金保証30日間30日間30日間
料金(最安)1ヵ月:1510円~/月
12ヶ月:620円~/月
24ヶ月:470円/~月
1ヵ月:12.95ドル/月
6ヶ月:9.99ドル/月
12ヶ月:8.32円/月
1ヵ月:1,759円/月
12ヶ月:539円/月
24ヶ月:339円/月
運営拠点パナマヴァージン諸島オランダ
データ保持法なしなしなし
ログポリシーノーログ
独立監査済み
ノーログ
独立監査済み
ノーログ
独立監査済み
暗号化256-bit AES暗号化256-bit AES暗号化256-bit AES暗号化
キルスイッチありありあり
サーバー台数59か国に5500台以上94か国に3000台以上99か国に3200台以上
ストリーミングNetflix,Hulu,U-NEXT,Disuney+などNetflix,Hulu,U-NEXT,Disuney+などNetflix,Hulu,U-NEXT,Disuney+など
同時接続6台5台無制限
もっと詳しくレビューを見るレビューを見るレビューを見る
モモの助
モモの助

ストリーミングサービス(動画配信サービス)への対応可否は、下記の記事にて詳しく最新情報で解説しています。あわせてチェックしてみてくださいね。

→VPNアプリで海外から日本、日本から海外の動画配信サービスを視聴する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です